超マンガ速報

【鬼滅の刃】主人公『竈門 炭治郎』まとめ

【鬼滅の刃】主人公『竈門 炭次郎』まとめ 週刊少年ジャンプで着々と頭角を現してきた「鬼滅の刃」。現在は十二鬼月の一人「累」を倒し、鬼殺隊の柱も参戦しました!これから益々面白くなってきそうですね!今回はそんな鬼滅の刃の主人公「竈門 炭治郎」について紹介します。※注意! ネタバレを含みます。 鬼滅の刃とは・吾峠呼世晴による日本の漫画作品。・週刊少年ジャンプに、2016年11号より連載開始。【あらすじ】時は大正。竈門炭治郎は炭を売って生活していたが、ある日家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹・禰豆子も凶悪な鬼と化してしまった。その禰豆子を人間に戻すため2人は旅立った。「人喰い鬼」、それは噂にとどまらず、確かに存在していた。そしてそのような鬼を狩るべく、人知れず剣を振るって戦う組織「鬼殺隊」もあった。育手の元で剣術を身につけた炭治郎は、鬼殺隊入隊への最終関門である選別を経て、「鬼殺隊」に入隊する。宿敵である「鬼舞辻無惨」に辿り着くが取り逃がしてしまうも、医師である鬼「珠世」と知己を得た。彼女は「鬼を人間に戻す」医療を確立させたいと考えており、炭治郎は鬼の血液を採取する事で協力を結ぶ。仲間に我妻善逸、嘴平伊之助も加わり、鬼退治の旅は続く。 鬼滅の刃 - Wikipedia続きを読む ...