そくどく!

【銀魂.】TVアニメ 第6話「十年」ネットの感想・反応まとめ(第322話)

TVアニメ「銀魂.」第6話『十年』ネットの反応・感想まとめあらすじ:かつて攘夷戦争時代に銀時と馬董は、一度だけ戦場で刀を交えていた――。馬董は、侍である銀時との戦いが忘れられず再び闘うことを待ちわびていた。しかし覚えていた容姿は、銀時とは似ても似つかない姿である。それは“パクヤサ”といい、銀時に憧れ舎弟になった者の姿だった。コケにされたと激高する馬董に対し、銀時は坂本の仇である馬董に密かな闘志を燃やしていた。白熱した銀時と馬董の戦いがはじまる!!続きを読む ...